Suspension of summer and fall 2020 programs

 Faculty of Engineering, Ehime University regrets to imform a suspension of the following summer and fall programs, because of the continuing spread of Novel Coronavirus in the world.

・Short-term Exchange program (Indonesia, Malaysia and Taiwan)
・Kanken Study Abroad(KSA)project

We sincerely apologize this situation to everyone who had planned.

令和2年度受入派遣プログラムの中止について

 現在,全世界での新型コロナウィルス感染の終息の目処が立たず,皆様を安全に受入・派遣することが見通せないため,誠に残念ではありますが,今年度の以下のプログラムは中止とさせていただきます。

・1ヵ月受入派遣プログラム(インドネシア・マレーシア・台湾)
・KSA(Kanken Study Abroad)プロジェクト

予定いただいていた皆様には誠に申し訳ございません。

短期派遣プログラムの留学報告会を実施しました。

11月5日(火)、南加記念ホールで短期派遣プログラムに参加した理工学研究科(工学系)の学生による留学報告会を実施しました。 理工学研究科(工学系)では、大学院学生(博士前期課程)の国際交流プログラムの一環として、短期派遣留学プログラムを実施しています。今年度は、8月29日から9月25日までインドネシアのガジャマダ大学に7人、9月4日から9月26日までマレーシアのマラヤ大学に6人派遣しました。また、台湾の国立交通大学に2人の学生を11月11日から12月11日まで派遣予定です。 報告会は派遣学生が現地で得た貴重な留学経験を伝える為に毎年実施しており、今年度は派遣学生、留学に興味のある学生、国際連携委員、教員、更に短期受入プログラムで滞在中のインドネシアからの留学生も含めた約60人が参加しました。

派遣学生による発表は、マラヤ大学留学は3グループ、ガジャマダ大学留学は2グループに分けられ、各グループからの発表となりました。 報告内容は、各留学先大学の紹介、研究室で行った実験やリサーチなどの活動内容、宿泊先となった寮等の情報、現地の生活や食事情報、休日に訪問した観光内容の紹介に加え現地で知り合えた学生や他国からの留学生との交流について発表されました。 留学を終えた学生たちによる活き活きとしたプレゼンテーションにより報告会参加者全員と情報共有ができ、また、有意義な留学生活が送れたことが伝わってきました。

海外留学支援・短期派遣プログラムに参加する学生の出発式が行なわれました。

インドネシアのガジャマダ大学、マレーシアのマラヤ大学、台湾の国立交通大学に短期留学する総勢15人の出発式を8月19日に実施しました。

高橋理工学研究科工学系長から「積極的に研究・交流活動に参加し、貴重な留学経験を得て将来に繋がる新しい道を見つけてきてください。」との激励があり,安原工学部国際連携委員長からは現地で事故に巻き込まれぬように自分の身は自分で守るように,との指導がありました。

 

 

 

海外留学支援・短期派遣プログラムの安全講習会を実施しました。

令和元年度の理工学研究科(工学系)海外留学支援・短期派遣プログラムには、インドネシアのガジャマダ大学に人(8/29~9/25)、マレーシアのマラヤ大学に6 人(9/49/26)、台湾の国立交通大学に2人(11/11~12/11)の総勢15人の学生が参加します。

 留学に先立ち、7月1日(木)に安全講習会を実施しました。工学部国際連携委員の教員より現地での健康管理・事故防止のための注意事項について説明がありました。

 期間中の愛媛大学との連絡方法や緊急時の連絡先について確認をし、現地にいてもすぐにやりとりできるよう出発前に携帯電話に連絡先を入れておくように指導がありました。
また、学生は留学開始までに予防接種・海外留学保険等の準備など手続きをするように等の指示もありました。